一般図書 社会福祉 中国語書籍、中国参考書、一般図書の出版物は株式会社光生館

会社案内

※出版物の価格表記は税別です。

精神医学ソーシャルワークの原点を探る ―精神保健福祉士の再考―

精神医学ソーシャルワークの原点を探る ―精神保健福祉士の再考―

精神保健福祉士を目指す学生に専門職としての学びの方向性を示す。また,ソーシャルワーカーとして実践する人には,自身の実践を点検する材料(道具)になり得ることを目指す。(2017年10月発行)
著者名 井上牧子・西澤利朗 編著/鬼塚香・國重智宏・藤井達也・松永宏子・木太直人・鈴木詩子・井上大輔 共著 本体価格
(税別)
1,800円
ISBN 978-4-332-52021-4 詳細をみる

高度専門職業としてのソーシャルワーク ―理論・構想・方法・実践の科学的統合化―

高度専門職業としてのソーシャルワーク ―理論・構想・方法・実践の科学的統合化―

ソーシャルワークの理論と実践の架け橋となる方法論を展開。大学のテキストとともに,現場の実践指導の実用書として活用可能。今日の社会福祉教育とソーシャルワーク実践現場の疑問にこたえる。(2017年3月発行)
著者名 太田義弘・中村佐織・安井理夫 編著/西梅幸治・小榮住まゆ子・山口真里・山東綾乃・御前由美子・長澤真由子・伊藤佳代子・河野高志・加藤由衣・菊池信子・西内章・松久宗丙・溝渕淳 共著 本体価格
(税別)
2,500円
ISBN 978-4-332-60088-6 詳細をみる

介護福祉総合演習 【「地域ケアを拓く介護福祉学」シリーズ】

介護福祉総合演習 【「地域ケアを拓く介護福祉学」シリーズ】

介護過程の展開と技術を,事例展開を通して確認し,介護福祉士になるための実習について総合的に学ぶ。(2015年8月発行)
著者名 本名靖・荏原順子・木村久枝 編著/柊崎京子・天野由以・八木裕子・出村早苗・杉本浩司・久田はづき・奈良環・中西正人・午頭潤子 共著 本体価格
(税別)
2,500円
ISBN 978-4-332-70176-7 詳細をみる

介護福祉の組織・制度論 【「地域ケアを拓く介護福祉学」シリーズ】

介護福祉の組織・制度論 【「地域ケアを拓く介護福祉学」シリーズ】

地域での生活を支援する介護福祉士として必要な,介護福祉の組織・制度について学ぶ。(2015年8月発行)
著者名 諏訪徹・坂本洋一 編著/井上由起子・平山久美子・鈴木健二・高野龍昭・髙木憲司 共著 本体価格
(税別)
2,500円
ISBN 978-4-332-70175-0 詳細をみる

生活支援の実践 【「地域ケアを拓く介護福祉学」シリーズ】

生活支援の実践 【「地域ケアを拓く介護福祉学」シリーズ】

在宅で生活するひとりの事例を中心に,1日の生活に必要な生活支援技術を学ぶ。また,代表的な生活障害がみられる疾患をとりあげ,それぞれの介護過程の展開を学習する。(2015年3月発行)
著者名 鈴木聖子・谷口敏代・上之園佳子 編著/吉賀成子・小西かおる・松橋朋子・吉田清子・高橋美岐子・柊崎京子・柏葉英美・藤井博英 共著 本体価格
(税別)
2,400円
ISBN 978-4-332-70174-3 詳細をみる

生活支援の基礎理論Ⅱ 【「地域ケアを拓く介護福祉学」シリーズ】

生活支援の基礎理論Ⅱ 【「地域ケアを拓く介護福祉学」シリーズ】

生活支援を総合的・科学的に捉えるために,“人が生活する”ことを主に「からだのしくみ」の側面から理解する。(2015年3月発行)
著者名 谷口敏代・上之園佳子・鈴木聖子 編著/藤井保人・大原昌樹・横山孝子・佐藤弥生・藤尾祐子・原野かおり・高橋美岐子・肥後すみ子・松橋朋子・岩本紗由美・廣瀬圭子・繁成剛・中村孝文・中村光・古川和稔・柏葉英美・佐藤匡仁・藤井博英・小西かおる・白井志津子 共著 本体価格
(税別)
2,500円
ISBN 978-4-332-70173-6 詳細をみる

生活支援の基礎理論Ⅰ 【「地域ケアを拓く介護福祉学」シリーズ】

生活支援の基礎理論Ⅰ 【「地域ケアを拓く介護福祉学」シリーズ】

地域での生活を支援する介護福祉士として必要な基礎知識を,保健,心理,栄養,居住環境,家族支援などの関連分野から体系的に学習する。(2015年3月発行)
著者名 上之園佳子・谷口敏代・鈴木聖子 編著/本名靖・太田貞司・土室修・諏訪徹・堀崇樹・鴨澤小織・辻下守弘・廣川空美・澤田陽一・森本寛訓・北村世都・坂本文典・佐藤ゆかり・岡京子・五味郁子・水村容子・柴田範子・石崎真美・伊藤秀之・大羽啓允 共著 本体価格
(税別)
2,600円
ISBN 978-4-332-70172-9 詳細をみる

生活支援総論 【『地域ケアを拓く介護福祉学』シリーズ】

生活支援総論 【『地域ケアを拓く介護福祉学』シリーズ】

要介護者が地域で暮らし続けるうえで介護福祉士が果たす役割を,一つの家族の事例を通して,学生にわかりやすく,理解が深められるように解説。シリーズ全体の根幹をなす総論編。(2014年4月発行)
著者名 太田貞司・諏訪徹・本名靖・上之園佳子・鈴木聖子・谷口敏代 共著 本体価格
(税別)
2,400円
ISBN 978-4-332-70171-2 詳細をみる

法学入門

法学入門

一般教養の法学のテキスト。あらゆる法律の基本となる憲法,民法,労働法および行政領域に関する基本的法理論から初学者に必要な基本事項を選び平易に解説。(2015年3月発行)
著者名 森長秀 編著/草鹿晋一・衣笠葉子・森田隆夫・平野美紀・瀧川修吾・川村岳人・松村歌子 共著 本体価格
(税別)
2,200円
ISBN 978-4-332-61003-8 詳細をみる

社会福祉 【保育士養成課程】

社会福祉 【保育士養成課程】

社会福祉の知識や技術について学びながら,社会福祉が如何に引き継がれ,何を大事にしてきたか考えることで,社会福祉に関わる仕事のやりがいや生きがいにつなげられるよう解説。(2012年10月発行)
著者名 宇山勝儀・小林理 編著/鈴木靖弘・田中輝幸・佐藤まゆみ・小堀哲郎・比嘉眞人・下尾直子・鈴木政史 共著 本体価格
(税別)
2,000円
ISBN 978-4-332-60102-9 詳細をみる

大都市の地域包括ケアシステム ―「見えにくさ」と「描く力」― 〈地域ケアシステム・シリーズ④〉

大都市の地域包括ケアシステム ―「見えにくさ」と「描く力」― 〈地域ケアシステム・シリーズ④〉

「3.11」後の状況を踏まえ,特に首都圏を中心とした「地域」に焦点を当てた。大都市,首都圏の「見えにくさ」,また「地域」を“描く力”を育てるための課題をテーマとし,課題に取り組む現場の第一線の実践者・研究者が執筆。(2012年5月発行)
著者名 太田貞司 編集代表・編著/鈴木博之・奈良高志・滝波順子・小野孝嘉・松崎吉之助・井上博文 共著 本体価格
(税別)
2,500円
ISBN 978-4-332-70154-5 詳細をみる

公的扶助論 ―低所得者に対する支援と生活保護制度―

公的扶助論 ―低所得者に対する支援と生活保護制度―

大学,短期大学等における社会福祉士受験資格の教科書を目指し,利用しやすさ,理解しやすさを考え,丁寧かつ平易な文章で記述。(2012年3月発行)
著者名 宇山勝儀・船水浩行 編著/金子充・宮永耕・土屋昭雄・坪内千明・森田隆夫 共著 本体価格
(税別)
2,400円
ISBN 978-4-332-60101-2 詳細をみる

地域包括ケアシステム ―その考え方と課題― 〈地域ケアシステム・シリーズ①〉

地域包括ケアシステム ―その考え方と課題― 〈地域ケアシステム・シリーズ①〉

「地域包括ケア」をどう捉えるべきかを多方面から論じ,地域ケアシステムの考え方,課題を示す。(2011年2月発行)
著者名 太田貞司 編集代表/太田貞司・森本佳樹 編著/前沢政次・杉崎千洋・岸川洋治・大湾明美・朝倉美江・國光登志子・高室成幸・大口達也・長倉真寿美 共著 本体価格
(税別)
2,400円
ISBN 978-4-332-70151-4 詳細をみる

社会福祉を志す人のための法学 第二版

社会福祉を志す人のための法学 第二版

社会福祉を志す人達が最低限学習すべき法学の領域を内容としている。初学者にとって必要な基本事項を選び,わかりやすく叙述。社会福祉士,精神保健福祉士等の受験学習にも役立つ。第2版では,労働法関係の記述に大きな補訂をした。(2011年1月発行)
著者名 宇山勝儀・森長秀 編著/草鹿晋一・衣笠葉子・村和男・川村岳人・森田隆夫 共著 本体価格
(税別)
2,400円
ISBN 978-4-332-60097-8 詳細をみる

地域ケアシステムとその変革主体 ―市民・当事者と地域ケア― 〈地域ケアシステム・シリーズ③〉

地域ケアシステムとその変革主体 ―市民・当事者と地域ケア― 〈地域ケアシステム・シリーズ③〉

地域ケアシステムの形成主体に焦点を当て,地域ケアシステムを変革する担い手とその担い手たちの活動,さらにその活動がどのように地域ケアシステムとして発展していくことが可能であるのかを全国の事例を通して考える。(2010年9月発行)
著者名 太田貞司 編集代表/朝倉美江・太田貞司 編著/杉山孝博・藤井博志・朴姫淑・大井智香子・奈良秀夫・鈴木恵子・渡辺靖志・安倍信一・飯山明美・橋本吉広・池田陽子・日下部雅喜 共著 本体価格
(税別)
2,600円
ISBN 978-4-332-70153-8 詳細をみる

三訂 社会福祉概論

三訂 社会福祉概論

社会福祉の基本概念をふまえた上で,一人一人のニーズに対する専門知識・技術を平明に解説。三訂版では,最新の福祉動向や財政,その他統計的数値を組み込んだ。(2010年4月発行)
著者名 宇山勝儀・森長秀 編著/尾里育士・衣笠葉子・伊藤純・森田隆夫・鷹野吉章・彦坂令子・大井智香子・大月和彦・添田正揮 共著 本体価格
(税別)
2,400円
ISBN 978-4-332-60096-1 詳細をみる

日本社会保障制度成立史論

日本社会保障制度成立史論

社会保障制度とは何か,体系としての社会保障制度が日本においていつ,どのようにつくられてきたか,さらに現在の社会保障制度を捉える際の視点および座標軸について考察する。(2009年11月発行)
著者名 田多英範 著 本体価格
(税別)
3,200円
ISBN 978-4-332-60095-4 詳細をみる

社会保障概説 第六版 〈社会福祉選書4〉

社会保障概説 第六版 〈社会福祉選書4〉

「社会保障とは何か」をその理論と現実制度の両面から平明に解説。第六版においては,医療制度改革関連法の施行にともない医療保険制度改革を中心に内容の加筆,改訂を行った。(2009年9月発行)
著者名 佐口卓・土田武史 著 本体価格
(税別)
2,300円
ISBN 978-4-332-60094-7 詳細をみる

医療制度改革と地域ケア ―急性期病院から慢性期病院,そして地域・在宅へ― 〈地域ケアシステム・シリーズ②〉

医療制度改革と地域ケア ―急性期病院から慢性期病院,そして地域・在宅へ― 〈地域ケアシステム・シリーズ②〉

島根県松江市における中間ケアシステムの構築経緯と中間ケアの実践を紹介。急性期病院(松江赤十字病院)~慢性期病院(鹿島病院)~在宅をつなぐ新しい構築・実践への取り組みから,医療と介護と福祉の連携よる地域ケアシステムづくりの今後の方向と課題を考察。(2009年9月発行)
著者名 太田貞司 編集代表/杉崎千洋・金子努・小野達也 編著 本体価格
(税別)
2,600円
ISBN 978-4-332-70152-1 詳細をみる

集まりの学としての社会学

集まりの学としての社会学

社会学=集まりの学との視点から,社会学と社会福祉領域との主要な接点である家族,地域社会,NPOを取り上げ,その相互扶助機能と関わる問題点,再編の必要性,そのためのデザインを論じる。(2009年5月発行)
著者名 後藤 隆 著 本体価格
(税別)
1,500円
ISBN 978-4-332-60091-6 詳細をみる

地域福祉論 新装版

地域福祉論 新装版

1974年11月に小社より刊行された『社会福祉選書①地域福祉論』を新装版として復刊。新たに地域福祉の理論体系を提示する試論。(2009年4月発行)
著者名 岡村重夫 著 本体価格
(税別)
2,500円
ISBN 978-4-332-60093-0 詳細をみる

新版 公的扶助論

新版 公的扶助論

公的扶助の概念,歴史,法制度を平明に解説し,日本における公的扶助の社会的意義を論じた。新版では,昨今のきびしい貧困状況とそれへの保護行政のあり方を反映した内容を盛り込んだ。(2007年4月発行)
著者名 川上昌子 編著/唐鎌直義・宇都榮子・木本明・杉野緑・金澤誠一・渋谷哲 共著 本体価格
(税別)
2,200円
ISBN 978-4-332-60090-9 詳細をみる

福祉の経済学 ―21世紀の年金・医療・失業・介護―

福祉の経済学 ―21世紀の年金・医療・失業・介護―

福祉国家は貧困を救済するだけでなく,経済的効率性を高める機能を持つ。福祉国家を効率性の観点から経済学的に理解するのに最適の入門書。本邦初訳。(2007年3月発行)
著者名 ニコラス・バー 著/菅沼隆 監訳/李蓮花・野間敦子・田畑雄紀・橋口徹・百瀬優・森田慎二郎・松渓憲雄・一圓光彌・南宮祥子・粥川正敏 共訳 本体価格
(税別)
2,400円
ISBN 978-4-332-60083-1 詳細をみる

▲ページのトップに戻る