中国語書籍、中国参考書、一般図書の出版物は株式会社光生館

出版物★■★紹介

※出版物の価格表記は税別です。

新刊・近刊:近刊/ 保育者論―育ち・学び続ける保育専門職のキャリア・パスを考える【乳幼児教育・保育シリーズ】(近刊)

保育者論―育ち・学び続ける保育専門職のキャリア・パスを考える【乳幼児教育・保育シリーズ】(近刊)

保育者論―育ち・学び続ける保育専門職のキャリア・パスを考える【乳幼児教育・保育シリーズ】(近刊)

著者名 北野幸子・山下文一・柿沼芳枝 編著/中谷奈津子・清水陽子・神長美津子・田村由香・北野久美・宮里暁美・中島千恵子・福田洋子・望月文代 共著
ISBN 978-4-332-70192-7
判型 A5判
本体価格(税別) 予価1,900円
頁数 180頁
目次 第1部 保育者になるということ
第1章 私の考える保育者像とこれから
第2章 教育・福祉の専門職の社会的意義
第3章 歴史に学ぶ保育者像
第4章 乳幼児の教育・保育の機能と保育者の役割
第2部 保育の仕事とその専門性
第5章 幼稚園の一日とその職務内容
第6章 保育所の一日とその職務内容
第7章 幼保連携型認定こども園の一日とその職務内容
第8章 クラス担任の役割と仕事
第9章 リーダーシップとチーム学校運営
第3部 保育者の専門性とこれからの保育専門職
第10章 保育者の専門性
第11章 キャリアステージを見通した保育専門職の育ちと学び
第12章 保育者の専門性の維持・向上の試み
第13章 これからの保育者の専門職化
発行年月 2019年02月

2018年度より実施の新しい「幼稚園教育要領」「保育所保育指針」「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」,2019年度より適用の新しい保育士養成課程に対応。
本書は,保育職の独自性と専門性,さらにはその重要性の学びを深められるような内容構成となっている。また,学生等が,保育者になるということに対して夢や希望にみちたイメージをえがき,保育者の仕事の独自性と専門性への理解を深めその機能への自負をもち,専門性の維持と向上を図るために育ち・学び続ける保育者の自己実現のイメージを抱けるように工夫している。
(2019年2月発行予定)

取り扱い店舗

一覧へ戻る お問い合わせはこちら
ご購入方法について
全国の書店にて
全国の取り扱い書店はこちら弊社発行図書は全国の各書店にて取り扱っております。お近くの書店でお買い求めください。
※お近くの書店で品切れの場合、書店に出版社名、書名、著者名を示してご注文ください。
インターネット通販にて
上記取り扱い店舗をご利用ください。
直接ご注文
定価に送料210 円を加算し前払いでご送金ください。
返品について

ご注文と異なる商品の場合やお届け時に破損していた場合はご連絡ください。詳しくはこちら

▲ページのトップに戻る